納川の会 NPO法人納川の会
HOME 納川の会 出来事 mail

納 川」とは  
 「中国の古代から"納百川於海"という名言があります。"納"は、吸収、納入の意味で、"百川"は陸地上のたくさんの川を意味します。もともとは何もないところでも、小さな川や大きな川を数多く吸収することにより、広く美しい海になる。また、異質な川を多く吸収するほどその海の美しさが増し、パワーが強くなる。意見が違うとか、考え方が違うとか、文明が違うとかに拘らず、受け入れることができれば自分の一部となり、より素晴らしい自分とより素晴らしい群れとなる。」

経緯  
 これまで、近郷の有志が集まりイベントや催しを開催してきた。そのつど参加する人々自らが楽しむことを趣旨のひとつにし、多くの方々に協力をいただいた。しかしながら、多くのイベントや催しを開催しながら活動に限界を感じた。この集まりを特定非営利活動法人として設立することにより、活動内容や収支を開示し、広く地域社会から認知され、この会の趣旨に賛同する多くの人々に参加していただき、地域社会のためにさらなる活発な活動を推し進めたい。

事業  
(1) 特定非営利活動に係る事業
空家対策事業:空地の有効利用による定住化事業
未利用の空家を借り受け住めるように改修を行なう。大森町及びその周辺地区
公募により一戸(一家族)を対象とする。
コンサート開催:開催機会の少ないコンサートを田舎で開く。
展覧会開催:島根を紹介する展覧会を開催する。
地域の生活文化の研究と伝承を図るための事業:食の文化祭開催
生活基盤を機能化する事業
情報化推進
島根県立中部情報化センター管理運営業務
コンテンツ産業支援等を目的に設置された公の施設であり、現在、財団法人しまね産業振興財団と特定非営利活動法人納川の会が島根県からの委託を受けて管理・運営を行っています。

(2) その他の事業
建物およびその周辺の景観に関するコンサルティング: